講演のご依頼

どうもありがとうございます


加藤源重の存在がいろいろな報道をいただきながら多くの方に知っていただけるようになりました。
機会を追って、源重の生き方や活動が広まり、深く感謝しています。
最近では、特に小学校から大学まで授業の一環としての講演などお話をさせていただけるようになりました。
不意な怪我などから不自由な日常生活を独自の発案から製作した「万能ホルダー」で自由を取り戻す喜びの声に生きがいを求めながら活動している源重のありのままの姿でお話させていただいています。
お問い合わせの多くがご予算の件ですが、「福祉工房あいち」はボランティア組織として運営しており、交通費を含む旅費が持ち出しにならない範囲で検討させていただいていますのでお気軽に尋ねください。
現在は、源重をサポートするスタッフを含め2名で対応しており全国どこへでも出かけます。

講演の主な流れと必要機材

 

□ 必要時間 60分~90分

□ 必要機材

  ・会議用テーブル(1800) 3台

  ・ビデオ(VHS)デッキもしくはDVDデッキ

  ・ビデオカメラ(参加者数と会場により検討)

  ・スクリーン(参加者数と会場により検討) 

  ・ピンマイク

ダウンロード
お問い合わせの方法
申込用紙(Word文書)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、EメールもしくはFAXでお申込ください。
kouenirai.doc
Microsoftワード文書 13.5 KB

見学のご依頼

どうもありがとうございます

加藤源重の存在がいろいろな報道をいただきながら多くの方に知っていただけるようになりました。機会を追って、源重の生き方や活動内容が広まり、深く感謝しています。最近では、特に小学校から大学まで授業の一環としての講演などお話をさせていただけるようになりました。講演や報道番組だけでなく直接工房を見てみたい!源重と直接お話をしてみたい!とのご要望や、ご相談をいただける機会が増えてきました。是非、お気軽にお問い合わせいただきお逢いできる日を楽しみにお待ちしております。

 

■ご見学について

 ・日程調整  事前にご連絡をいただき日程調整をさせていただきます。

 ・駐車場およびトイレは常設されています。

 ・人数 工房内のスペースが限られるため最大で40名程度でお願いします。